女の人

洗顔方法を変えるだけで敏感肌を改善|ツルツルお肌に変身

肌トラブルを防ぐために

レディ

安心できる商品選び

肌が弱かったり敏感肌であると化粧品選びにも困ります。その中でも1日2回は使うことになる洗顔料選びは気を付けたいところです。敏感肌の状態は肌が外部からの刺激から守ろうとするバリア機能が低下している状態にあります。また目に見えなくても肌の奥で炎症を起こしたりしている場合もあり、さらに間違った洗顔料を利用していると悪化させる原因になってしまいます。敏感肌のほとんどの人はターンオーバーのサイクルが早いことが多いです。肌の生まれ変わりが早い状態では、肌の細胞が育たずに弱く未熟であるため刺激を受けやすいという結果になります。このような刺激を受けやすい敏感肌の場合でも、洗顔料をしっかり選ぶと対策することができます。敏感肌の洗顔料は選ぶときに注意したいこととして、石油系の界面活性剤は使用しないということです。この界面活性剤は汚れを効果的に落とすのですが、洗濯洗剤などにも利用される強力な成分です。これを肌につけてしまうと敏感肌でなくても肌トラブルの原因になります。石油系の界面活性剤は大変多くの種類があるため、購入前にはしっかり成分チェックをすることが大切です。界面活性剤の他にも余分な添加物が入っていない商品が大切です。完全無添加と記された商品を選べば安心ですが、さらに肌を保護する成分が配合されていれば安心して使用できます。肌を保護するためには強い保湿力思ったセラミドが最適です。また美容成分として有名なヒアルロン酸やプラセンタなども効果があるため、洗顔料選びの際にはこのようなポイントに注意しておくことが大事です。